「往生の一路は平生に決す」法霖 臨終の詩|親鸞会


往生の一路は平生(へいぜい)に決す
今日何ぞ論ぜん死と生とを
蓮華界裡(れんげかいり)の楽を快(たの)しむに非ず
娑婆界(しゃばかい)に還来(げんらい)して群生(ぐんじょう)を化(け)せん

徳川時代、法霖(ほうりん)という浄土真宗の碩学(せきがく)が臨終に詠んだものです。
浄土真宗親鸞会発行の『高森顕徹先生 随行録』に学んでみましょう。

◆  ◆  ◆

江戸時代、真宗界一の学者がいた。
彼と法論して勝った者はない。

名は、法霖(ほうりん)。
能化(のうけ)といい、信心と教学の指導監督、一切の責任と権限を持っていた。

彼の遺した『往生の一路』の詩は有名である。

ある日、宗派の要職に当たる者が、病に倒れた。
回復の兆がないので、祈祷師を呼んで病気治しの祈願をした。

それを知るや法霖、
「親鸞聖人のみ教えを、ねじ曲げることは、断じて許されぬ。死んでお詫びをせよ!」
と、法霖もまた、自殺していった。

死守すべきは、親鸞聖人のみ教え。
命がけの信念を貫いた。

本願寺の現状を見る時、言葉もない。

(浄土真宗親鸞会発行 『高森顕徹先生 随行録』より)

◆  ◆  ◆

詩吟は、長崎吟詠会の会長で90歳になる前田龍瓊氏によるものです。



親鸞学徒の心意気|「南無六字の城」を吟ず


濃蹶(のうけつ)・峡顛(きょうてん)いずれか抗衝(こうしょう)せん
梵王(ぼんのう)ひとり降旌(こうせい)を樹(た)てず
豈(あに)図らんや右府(うふ)千軍の力
抜き難し南無六字の城

【意味】
美濃を制した斎藤道三(濃蹶)も、
甲斐の武田勝頼(峡顛)も、
あらがう術のなかった織田信長(右府)に、
本願寺の顕如上人(梵王)だけが、屈しなかった。
だれが予想したか、
あの織田信長の千軍の力でも攻め落とせなかったとは。
驚くべき南無六字の法城、石山本願寺。

江戸時代の儒学者である頼山陽の詩です。
石山戦争で信長の軍勢に屈しなかった浄土真宗の先達の心意気が詠われています。

詳しくは、浄土真宗親鸞会の公式ホームページに掲載されています。

詩吟は、長崎吟詠会の会長、90歳になる前田龍瓊氏によるものです。



親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説4

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説3

蓮如上人の『御文章』には、
「雑行・雑修・自力の心をふりすてて……」
というフレーズがよく出てきます。

どんな意味なのか、親鸞会発行の顕正新聞に学んでいます。
では、早速、前回の続きを見てみましょう。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 15

「これを蓮如上人は『御文章』『領解文』に、
“もろもろの雑行・雑修・自力の心をふり捨てて”と教えられている」

まずは雑行。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 16

「雑行の体(ものがら)は、たしかに諸善万行です。
諸善万行とは、たくさんある善のことですが、
釈尊は6つにまとめて“六度万行”と教えられています」

「フム、こういう善いことをしなければ、善い果報は来ないだろうね」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 17

「そう、だから大いに励むべき行なのに、
なぜこれを雑行と嫌われ捨てよと言われるのか?」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 18

「それは、後生の一大事どうすれば助かるのかという
自力の心でやるからよ。
“自力の心でやる諸善万行”を雑行というの。
だから、“雑行を捨てよ」とは、「自力の心を捨てよ」
ということなのよ”

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 19

「親鸞聖人の教えに善の勧めはない」
「善を勧める親鸞会は間違っている」
などという馬鹿げた非難は、自力の心が分からず、
「雑行を捨てよ」を「善を捨てよ」と聞き誤るところから起きている。
この誤解こそ、真宗を崩落させた要因だ。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 20

「捨てねばならぬのは自力の心なのですね。
では、次の雑修とは?」

気になるところですね。

続きは次号に!

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説5

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説3

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説2

親鸞会発行の顕正新聞に掲載されたマンガに学んでいます。
テーマは、「雑行・雑修・自力の心」です。
では、早速、続きを読んでみましょう。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 10

「さてここで問題を整理してみましょう」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 11

「どうしたら弥陀の救いにあえるのか。
だれもが聞きたいこの問いに、親鸞聖人のお答えは?」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 12

「捨自帰他!(自力を捨てて、他力に帰せよ)」

「そう、これを自他力廃立といいます」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 13

「“捨てもの”と“立てるもの”をハッキリ説くのが廃立」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 14

「ほら」

親鸞聖人の教えは「廃立」である。

「一切の自力を捨てて他力に帰せよ」

これ以外に聖人の教えはないことを、覚如上人の『改邪鈔』で示そう。

『真宗の門においては幾度も廃立を先とせり』

『今の真宗においては、
専ら自力をすてて他力に帰するをもって
宗の極致とする』

さらに詳しく学んでいきましょう。

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説4

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説2

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説1

蓮如上人の『御文章』には、何度も「雑行(ぞうぎょう)」という言葉が出てきます。
大変重要な言葉なので、正しく理解しましょう。
親鸞会発行の顕正新聞に掲載されたマンガ解説に続けて学びましょう。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 07

「ちょっと待って!プレイバック!
今の言葉、プレイバック、プレイバック!」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 08

「待ちなさい。
釈迦一代の教えは、廃悪修善(はいあくしゅぜん)、善の勧めよ。
それが弥陀の救いの邪魔だとでも言うの?
あなたは雑行の意味が全く分かってない!」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 09

「なんだと!」

「雑行=諸善」なのだから、「雑行を捨てよ」とは「諸善を捨てよ」ということだと主張する釈迷海。
確かに、真宗辞典にも、雑行とは諸善万行のことだと書かれてある。
しかし、お釈迦さまが善を勧めておられることも間違いない事実。

いったいどういうこと??

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説3

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ