親鸞会の顕正新聞に連載「『ひらく』後 真実開顕へ刻む時」|親鸞会

高森顕徹先生著『歎異抄をひらく』の発刊から5年の月日が経過した。
最も多くの人に読まれている仏教書『歎異抄』は、これまで自由奔放な解釈が横行し、著者の意図に反して、親鸞聖人の教えを誤解させる結果を招いた。

『歎異抄をひらく』は、これまでの歎異抄解釈の誤りを、親鸞聖人の主著『教行信証』を物差しとして正した本である。

平成20年3月に発刊されて以降、それまで毎年、10冊以上出ていた『歎異抄』解説本がピタリと出なくなった。
それから5年、現在、23万部を突破し、名実ともに『歎異抄』解釈の決定版として、多くの人に親しまれている。

この5年の沈黙は何を意味するのか、親鸞会が発行する顕正新聞に、分かりやすく解説されている。

 

第1回:「地方のある住職会議で」の巻

『歎異抄をひらく』の発刊以降、『歎異抄』の解説書が1冊も出なくなって5年が経過しようとしている。いったい何が起きているのだろうか。地方で開かれている住職会議で、こんなことが問題になっている。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic01.htm

 

第2回:「地方のある住職会議で②」の巻

「誰でも彼でも念仏を称えることによって、本当の幸福を得て、お浄土に参らせていただく」という本願寺総長の説教は、称名正因の異安心。親鸞聖人のみ教えは「信心正因」であることは『教行信証』で明らかである。親鸞会では、常に「信心正因 称名報恩」の親鸞聖人のみ教えを、親鸞聖人のお言葉で明らかにしている。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic03.htm

 

第3回:「地方のある住職会議で③」の巻

“『歎異抄をひらく』には、親鸞聖人の書かれた『教行信証』をものさしに『歎異抄』の意味が解説されている。これによって、多く誤解されてきた『歎異抄』の文章が、正しく理解できるようになった。親鸞聖人のお言葉で教えを明らかにされた『歎異抄をひらく』への反論は、親鸞聖人への反論となるのである。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic05.htm

 

第4回:「親鸞聖人の歓喜の証言」の巻

阿弥陀仏に救い摂られた親鸞聖人の歓喜の証言が、主著『教行信証』にハッキリと記されている。一念で鮮やかに救い摂ってくださるのが弥陀の救いなのである。阿弥陀仏の救いは「いつとはなし」というのは、親鸞聖人の教えではない。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic07.htm

 

第5回:「平生の一念でハッキリする」の巻

阿弥陀仏の救いは、「いつとはなし」というのは親鸞聖人の教えではない。平生の一念でハッキリすることを親鸞聖人は明快に教えておられる。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic09.htm

 

第6回:「断言できない親鸞聖人のお言葉はない」の巻

親鸞聖人の教えについて、「私はこう思う」「私はこう考える」と私見を平気で語る者がいる。親鸞聖人の教えはお聖教に明らかである。断言できない親鸞聖人の教えはないのである。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic11.htm

 

第7回:「怒濤の光輪」の巻

親鸞聖人のお言葉を提示し、その意味を懇切丁寧に解説されている『歎異抄をひらく』を読むことで、正しい親鸞聖人のみ教えを知ることができる。これまでの歎異抄解釈の誤りを正し、反論もなく5年が経過したことに深く、重い意味がある。

http://www.shinrankai.or.jp/b/kizamutoki/kizamu-comic13.htm

 

親鸞会では、全国各地で親鸞聖人の教えが分かる仏教講座を開催しています。有名な『歎異抄』や『正信偈』の意味を、講座で知ることが出来ます。詳しい日程や会場をお知りになりたい方は、親鸞会 公式ホームページの仏教講座の案内をご覧ください。

 

コメント 停止中