親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説8

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説7

今回は、親鸞会発行の顕正新聞に連載されたマンガ解説「雑行・雑修・自力の心」の“自力の心”について学んでいきます。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-01

<これまでのあらすじ>

蓮如上人が「雑行・雑修・自力の心をふり捨てよ」と教えられるとおり、これが廃らねば、弥陀の救いにはあえない。
では、その捨てよといわれる雑行・雑修・自力の心とは何か・・・。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-02

「さあ、これまでの復習よ」

雑行・・・自力の心でやる諸善万行
雑修・・・自力の心でやる五正行(朝夕の勤行)

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-03

「諸善も」

親切したり、掃除をしたり、親孝行したり

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-04

「五正行も」

ともに大切な行いなのに、なぜ雑行、雑修と嫌われ捨てよといわれるのか

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-05

「どうして?」

「それらをあて力にして、後生の一大事、助かろうとする自力の心でやるからよ」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-06

悪いのは自力の心

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-07

「だから、“雑行・雑修を捨てよ”とは、自力の心を捨てよ、ということで、決して善を捨てよ、勤行をするな、ということではないのよ。
間違いやすいところだから気をつけてね」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-08

「やっぱりそうか。善を捨てよ、勤行するな、ではな・・・」

「弥陀の救いを求める人ほど、あさましい日暮らしになってしまいますからねえ」

「こらっ、こっちを見るな!」



「雑行・雑修を捨てよ」の意味を、善を捨てよ、勤行をするな、と誤解している人がいかに多いことでしょう。
後生の一大事を助かろうとする自力の心でやる諸善や五正行を、雑行とか雑修と嫌われるのであり、問題は“自力の心”にあることがわかりますね。

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説9

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ