親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説7

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説6

親鸞会が発行する顕正新聞では、蓮如上人が御文章に幾度も書いておられる
「雑行・雑修・自力の心」について、解説をしています。
その中の、「雑修」について解説を聞いています。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 16

「そう、五正行とは阿弥陀仏に向かっての正しい五つの行です。
具体的には……」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 17

  • 読誦正行……浄土三部経を読むこと。
  • 観察正行……阿弥陀如来と、その浄土を思い浮かべること。
  • 礼拝正行……阿弥陀如来一仏を礼拝すること。
  • 称名正行……阿弥陀如来の御名(念仏)を称えること。
  • 讃嘆供養正行……阿弥陀如来一仏を誉め讃え、供養すること。
「朝夕の勤行のことですね」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 18

「親鸞学徒の日常で最も大切なのは勤行です。
どんなに疲れていても、朝夕の勤行を欠かしてはなりません。
阿弥陀仏との尊いご縁ですからね」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 19

「ただ」

「ただ?」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 20

「“これだけやっているから後生、阿弥陀さまが助けてくれるだろう”
とか
“地獄へは行かんだろう”
と、それらをあて力にして助かろうとする自力の心でやるから、
雑修と嫌われ、捨てよと言われるのです」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 21

「もちろん雑行同様、行為自体は善いことですから、
大いに勤めねばなりませんよ」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 22

「雑行も雑修も、捨てよと言われているのは、
行いそのものではなく、自力の心です。
だから“雑修を捨てよ”を、五正行(勤行)をやらなくてよいなどと、
決して聞き誤ってはなりません」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 23

「では捨てねばならぬ自力の心こそが問題なんですね」

「どんな心かもっと詳しく教えてほしいな」

「それはまた、次号で!」

これまで雑行とは何か、雑修とはどんなことか、
解説してまいりました。
自力の心でやる諸善が雑行であり、
自力の心でやる五正行(勤行)が雑修であることを
学びましたね。
では、問題の“自力の心”とは何か?
次回の解説に学びましょう。

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説8

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ