親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説4

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説3

蓮如上人の『御文章』には、
「雑行・雑修・自力の心をふりすてて……」
というフレーズがよく出てきます。

どんな意味なのか、親鸞会発行の顕正新聞に学んでいます。
では、早速、前回の続きを見てみましょう。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 15

「これを蓮如上人は『御文章』『領解文』に、
“もろもろの雑行・雑修・自力の心をふり捨てて”と教えられている」

まずは雑行。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 16

「雑行の体(ものがら)は、たしかに諸善万行です。
諸善万行とは、たくさんある善のことですが、
釈尊は6つにまとめて“六度万行”と教えられています」

「フム、こういう善いことをしなければ、善い果報は来ないだろうね」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 17

「そう、だから大いに励むべき行なのに、
なぜこれを雑行と嫌われ捨てよと言われるのか?」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 18

「それは、後生の一大事どうすれば助かるのかという
自力の心でやるからよ。
“自力の心でやる諸善万行”を雑行というの。
だから、“雑行を捨てよ」とは、「自力の心を捨てよ」
ということなのよ”

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 19

「親鸞聖人の教えに善の勧めはない」
「善を勧める親鸞会は間違っている」
などという馬鹿げた非難は、自力の心が分からず、
「雑行を捨てよ」を「善を捨てよ」と聞き誤るところから起きている。
この誤解こそ、真宗を崩落させた要因だ。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 20

「捨てねばならぬのは自力の心なのですね。
では、次の雑修とは?」

気になるところですね。

続きは次号に!

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説5

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

  1. コメントはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。