親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説2

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説1

蓮如上人の『御文章』には、何度も「雑行(ぞうぎょう)」という言葉が出てきます。
大変重要な言葉なので、正しく理解しましょう。
親鸞会発行の顕正新聞に掲載されたマンガ解説に続けて学びましょう。

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 07

「ちょっと待って!プレイバック!
今の言葉、プレイバック、プレイバック!」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 08

「待ちなさい。
釈迦一代の教えは、廃悪修善(はいあくしゅぜん)、善の勧めよ。
それが弥陀の救いの邪魔だとでも言うの?
あなたは雑行の意味が全く分かってない!」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説 09

「なんだと!」

「雑行=諸善」なのだから、「雑行を捨てよ」とは「諸善を捨てよ」ということだと主張する釈迷海。
確かに、真宗辞典にも、雑行とは諸善万行のことだと書かれてある。
しかし、お釈迦さまが善を勧めておられることも間違いない事実。

いったいどういうこと??

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説3

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ