親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説14

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説13

捨てよと言われる“自力”とは?
“自力を捨てよ”とは、善を捨てよ、善をやるな、ということではないのか?

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-16

「“自力を捨てよ”は、“善を捨てよ”ではない。
浄土往生の役に立てようとする心を捨てよということだ!」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-17

「因果の道理は大宇宙の真理。だから救われる前も後も、一貫して諸善が勧められるのは当然よ」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-18

「ただ、それを浄土往生の役に立てようとする自力の心でやると、“雑行”と嫌われ、自力の心が一念で廃って他力になれば、同じ行為が報恩感謝の行になるのです」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-19

「捨てものは“善”ではない。“自力の心”だ!迷海、もっとよく教えを聞いてから、物を言いなさい」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-20

「親鸞聖人は、自力の心を無明の闇とも言われ、自力は、阿弥陀仏(智恵光仏)のお力によってのみ廃ることを教えられています」

無明の闇を破するゆえ
智慧光仏となづけたり
一切諸仏三乗衆
ともに嘆誉したまえり
(浄土和讃)


「だから大宇宙の諸仏や菩薩が皆、褒めたたえるのね」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-21

「善導大師は、“利剣即是弥陀名号”と言われています。弥陀の名号という、もの凄い切れ味の刀で、自力は一念で切り捨てられるのです」

「弥陀の名号とは、南無阿弥陀仏のことよ。弥陀よりこの南無阿弥陀仏を賜った一念に自力が廃って他力に帰するのです」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説04-22

「さあさあ迷海どの、もっと教えを聞きましょう」

「改むるに憚ることなかれ、ですぞ」

めでたし・完



「雑行・雑修・自力の心」について正しい理解が大切です。
よくよく聞かせていただきましょう。



>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

  1. コメントはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。