親鸞会|雑行・雑修・自力の心|マンガ解説10

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ

<< 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説9

「身・口・意の乱心を繕い、めでとうしなして浄土へ往生せんと思うを自力と申すなり」(末灯鈔)

浄土へ往生しようと、身口意を善くしようとするのを自力の心という、と教えられる親鸞聖人。どういうことなのでしょう?

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-16

「よく聞いてください。仏教の根幹は因果の道理です」

善因善果、悪因悪果、自因自果
(まかぬタネは生えぬ。まいたタネは必ず生える)

「これに万に一つ狂いなし、と知らされれば、必ず悪を慎み、善を心がける廃悪修善の心が起きます」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-17

「しかも、因果の道理は、過去・現在・未来の三世を貫きます。
この釈尊の三世因果のご教導あればこそ、後生の一大事が初めて問題になってくるのです」

「フムフム」

「確かに」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-18

「その時、出てくる・・・」

「後生の一大事どうすれば助かるのか」
「浄土往生できるのか」
「どうすれば真剣になれるのか」

「これらの心を自力の心というのです」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-19

「うーん、では、どうすれば自力の心が廃るのですか?」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-20

「そう思うのも、自力の心なのですよ」

親鸞会顕正新聞 雑行・雑修・自力の心 解説03-21

「自力を捨てようとするのも自力か。難しい・・・」

「深い。ますます聞かねばなりませんね」

「この自力は、どうして廃るのでしょうか」

これはぜひ聞きたいところです!



>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説11

>> 雑行・雑修・自力の心|マンガ解説|もくじ