詩吟でふれる親鸞聖人の教え|親鸞会check!

親鸞会の行事で、たびたび吟じられる「南無六字の城」と「往生の一路」の詩を紹介しています。

◆ ◆ ◆

「南無六字の城」 頼山陽

濃蹶・峡顛いずれか抗衝せん
梵王ひとり降旌を樹てず
豈図らんや右府千軍の力
抜き難し南無六字の城


>> 「南無六字の城」の詩吟を聴く(詩の解説付)

この詩は、織田信長から石山本願寺を護り抜いた親鸞学徒の信仰の力に驚嘆して、頼山陽(1832年没)が詠んだものです。
頼山陽は、歴史書『日本外史』を編んだ、当時の日本最高の知識人です。

◆ ◆ ◆

「往生の一路」 法霖

往生の一路は平生に決す
今日何ぞ論ぜん死と生とを
蓮華界裡の楽を快しむに非ず
娑婆界に還来して群生を化せん


>> 「往生の一路」の詩吟を聴く(詩の解説付)

徳川時代、法霖という真宗の碩学が臨終に詠んだものです。

◆ ◆ ◆

御縁のあるときに、詩を吟じてみてはいかがでしょう。
ぜひ、意味も説明できるようになりたいですね。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。